コーティング
お役立ちガイド

コーティングお役立ちガイド

浴室をピカピカにするお掃除テクニックとコーティングのメリット

浴室は、使っているうちに水アカや皮脂汚れが溜まってしまいがちです。でも、毎日お掃除するのは大変! そこで、効率良くお掃除できる方法や浴室をコーティングするメリットをご紹介いたします。

水アカや皮脂汚れには泡タイプの洗剤がオススメ!

浴室のお掃除は、手順によって時間が大きく変わりますので、注意が必要です。浴室に付着した水アカや皮脂などの汚れは、まず浴室用洗剤で簡単に取れるところから除去していきましょう。オススメは、泡タイプの洗剤です。気になる箇所に泡を吹き付けることで、汚れが浮いてきます。

頑固な汚れには、ラップを被せて洗剤が乾かないようにします。効果を持続させて、汚れを浮かせます。汚れを浮かせることができたら、柔らかいスポンジで取り去ってください。

メラミンスポンジでも簡単に除去できますが、浴槽などに使用すると細かいキズが付く可能性があります。キズが付いてしまうと、そのキズに汚れが入り込み、取れにくくなりますのでご注意ください。

アルカリ性の水アカにはクエン酸が効果的!

洗剤以外にも重曹やクエン酸など、汚れを効果的に取れるものがあります。水アカにはクエン酸がオススメです。水アカはアルカリ性なので、酸性のクエン酸を使用すると、汚れが落ちやすくなります。

汚れにクエン酸を希釈したスプレーを吹き付け、1~2分時間をおいてから柔らかいスポンジで取り去り、水をかけて洗い流しましょう。クエン酸(酸性)と塩素系(カビ除去剤など)は、混ざると有毒ガスが発生しますので、絶対に混ぜないようにしてください。

クエン酸で除去できない汚れは、酢を使うのが効果的です。ただし、酢はクエン酸より酸度が強いので、使用しても問題ないか、事前に調べておいてください。酢は水と1:1の割合で希釈し、汚れが気になるところに塗布します。その後、柔らかいスポンジで擦り、洗い流しましょう。

酸性の皮脂汚れには重曹が効く!

皮脂は酸性の汚れなので、重曹(炭酸水素ナトリウム)を使うと、取りやすくなります。お掃除で使いやすくするために、重曹をペースト状にするのがコツです。作り方は、簡単。お湯200~300ccの中に重曹と片栗粉を大さじ2杯入れるだけです。

でき上がった重曹ペーストを汚れに塗布して1~2分経ったら、柔らかいスポンジで擦り、洗い流しましょう。汚れが取れて、キレイになります。

浴室コーティングで日頃のお手入れが簡単に!

浴室の細かい箇所までお掃除するのは、非常に手間がかかります。また、お掃除した際に残ってしまった汚れは、頑固な汚れやカビの原因になってしまいます。

浴室コーティングの施工例

そこでオススメなのが、浴室のコーティングです。コーティングすることで、表面の細かい凹凸がフラットな状態になります。また、防汚、撥水、防キズ、抗菌効果などがありますので、日頃のお手入れが非常に簡単になります。マイスターコーティングでは、コーティングの光沢を「強光沢」「自然仕上げ」の2種類から選べます。

浴室コーティングのイメージ

「お掃除したキレイな状態を維持したい」という方に加え、コーティングの施工には下処理(清掃)も含まれていますので、「お掃除するのが面倒……」という方にもオススメです。

〉水まわりコーティングの詳細はこちら

ご相談・お問い合わせはこちら

お電話をご利用の場合

  • フリーダイヤル・携帯電話OK!
  • 0120-5109-45
  • Call:0120-5109-45
  • [受付時間]9:00~18:00

メールをご利用の場合

無料見積もり・お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら>
無料相談受付中!
電話でのお問い合わせ(受付時間 9:00~18:00)
メールでのお問い合わせ>