コーティング
お役立ちガイド

コーティングお役立ちガイド

快適な入浴のためにお掃除しておきたい浴室エプロンの内部

「コーティングって家の目立つ部分だけやってるんでしょ?」と言われることがあります。フローリングのコーティングを知っている方は多いですが、実はクロスやタイル、キッチンのシンクなど、施工可能な箇所は多岐にわたります。

お客様の多くは、「家をキレイにしたい!」と思ってご希望箇所のコーティングを依頼され、施工後には美観にご満足いただいています。また、「お手入れがラク!」と後日さらに効果を実感していただいています。

お手入れについては、普段目に見えない部分が手付かずで困っているという方も多いのではないでしょうか。特にお風呂(浴室)掃除は「大変」「疲れる」「面倒」という声をよく聞きます。でも、見えない部分をそのままにしていると、汚れが深刻になってしまいますので、注意が必要です。

浴室エプロンの内部はカビだらけ!?

お風呂(浴室)掃除をする際、エプロンは外していますか? エプロンと聞いて、すぐに分かった方はお掃除通です。

エプロンとは、浴槽の側面(主に手前側)に付いているカバーのことです。前面パネルという呼び方もあります。通常は取り付けられたままですので、汚れに気付きにくい部分です。取り外しができるので、浴槽内部のお掃除をするときには外しましょう。

浴室のエプロンを外した状態

エプロン内部の汚れとは?

お風呂は“癒し”を提供する場所ですよね。そこが汚かったら、癒されるどころかストレスが溜まってしまうかもしれません。キレイに保つには、定期的なお掃除が必要です。目に見える範囲の汚れについては、下記記事をご参照ください。

〉浴室をピカピカにするお掃除テクニックとコーティングのメリット

では、エプロン内部の汚れはどうでしょうか? お掃除を何もしていないと、内部はカビだらけになってしまいます。カビが多いとアレルギーの温床になってしまったり、浴槽の素材を傷めてしまいます。

お風呂(浴室)掃除のイメージ

カビについて

カビの菌糸や胞子が生えるには、酸素が必要です。また、カビは空気中の水分が多いほど発生し、特に室温25℃前後で活発に繁殖します。

そのため、エプロン内部は温度・湿度の面でもカビの繁殖にぴったりの場所と言えます。エプロンが取り付けられている状態では見えないので普段は気付きませんが、ある日外してみたら大変なことになっているのです。

オススメのカビ対策

では、予防策はあるのでしょうか? オススメの方法をご紹介いたします。

  • ・エプロンを外さない場合でも奥に向けてよく水を流しておく
  • ・月に1回はエプロンを外して内部のお掃除をする。長い柄のついたスポンジなどを使うと、お掃除しやすいです。
  • ・カビは36℃以上で繁殖しにくいため、水ではなく45℃程度のお湯で流すと効果的です。
  • ・浴室に窓がある場合は、窓を開けましょう。

驚異の防カビ効果を発揮する「エアーコート」

浴室のお手入れは何かと手間がかかりますが、キレイになると気持ち良く入浴できますよね。ぜひ、上記を参考にしてカビの繁殖を防ぎましょう。

また、カビの発生を徹底的に抑えたい!という方は「エアーコート」がオススメです。強力な酸化力を持つ水酸化ラジカルが有害物質を分解し、優れた消臭・防カビ・抗菌効果を発揮します。

〉エアーコートの詳細はこちら

エアーコートのイメージ

ご相談・お問い合わせはこちら

お電話をご利用の場合

  • フリーダイヤル・携帯電話OK!
  • 0120-5109-45
  • Call:0120-5109-45
  • [受付時間]9:00~18:00

メールをご利用の場合

無料見積もり・お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら>
無料相談受付中!
電話でのお問い合わせ(受付時間 9:00~18:00)
メールでのお問い合わせ>