コーティング
お役立ちガイド

コーティングお役立ちガイド

知っていると家事に役立つ! 洗剤の液性と特徴

洗剤

家事で日々使う洗剤には、様々な種類があります。その中でもご家庭で使用する洗剤のほとんどは、合成洗剤と呼ばれるものです。合成洗剤とは、界面活性剤を主成分に酸性、中性、アルカリ性の洗浄助剤が加えられたものです。液性については、必ず表示ラベルに記載されています。

汚れの性質にも酸性~アルカリ性まであり、その対になる液性の洗浄助剤が有効になります。液性を大きく分けると5種類ありますので、特徴をご紹介いたします。ぜひ、日頃の家事にお役立てください。

酸性洗剤

酸性洗剤

酸性洗剤は、トイレ用として使われることが多く、頑固な水アカやこびり付いた尿石に対して非常に有効です。ただし、素材を傷めてしまうこともあるため、使用には注意が必要です。

弱酸性洗剤

弱酸性洗剤

弱酸性洗剤は、適度に湯アカや脂肪分などを落とす効果があり、浴室の洗剤として使用されているケースが多いです。人の肌も弱酸性のため、洗剤だけでなくシャンプーや化粧石鹸なども弱酸性のものが市販されています。

中性洗剤

中性洗剤

中性洗剤は、一番幅広く使用されており、主に界面活性剤によって汚れを浮かせて落とすものが多いです。中性なので素材を傷める心配が少なく、ほとんどの素材に安心して使用できます。食器洗いや洗濯などにも使用されています。

弱アルカリ性洗剤

弱アルカリ性洗剤

弱アルカリ性洗剤は、手アカなどの軽い油汚れに有効です。家具や床など、日常生活による汚れを落とすための洗剤として使われるケースが多いです。使用する箇所によっては、薄めて使う場合もありますので、注意事項をしっかり確認しましょう。

アルカリ性洗剤

アルカリ性洗剤

アルカリ性洗剤は、ガスコンロなどに付いてしまった頑固な油汚れやたんぱく質の汚れを落とすのに有効です。カビ除去などに使用される漂白剤もアルカリ性の洗剤です。

頑固な汚れを落とすのに有効ですが、たんぱく質を落とす効果があるため、直接触れてしまうと人体に悪影響を及ぼしてしまいます(たんぱく質は人体を構成する成分の1つです)。皮膚に付かないように注意して使いましょう。

このように、洗剤は汚れを浮かせて落とす界面活性剤と汚れを柔らかくして落としやすくする液性を含んでいます。液性によって用途が異なりますので、特徴を把握して家事を効率的に行いましょう。

ご相談・お問い合わせはこちら

お電話をご利用の場合

  • フリーダイヤル・携帯電話OK!
  • 0120-5109-45
  • Call:0120-5109-45
  • [受付時間]9:00~18:00

メールをご利用の場合

無料見積もり・お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら>
無料相談受付中!
電話でのお問い合わせ(受付時間 9:00~18:00)
メールでのお問い合わせ>