コーティング
お役立ちガイド

コーティングお役立ちガイド

鏡がピカピカに! 頑固なウロコを効率良く落とすテクニック

浴室やキッチンなど、水まわりで溜まってしまいがちな水アカ。その中でも鏡に付いたウロコは特に落としにくく、すぐに曇ってお困りの方も多いのではないでしょうか。そこで、簡単に鏡のウロコを取り除くことができるプロのテクニックをご紹介いたします。

ウロコの正体とは?

鏡のウロコ

水アカの成分として有名なのは、カルシウムやミネラル、マグネシウムなどですが、鏡のウロコのようなやっかいな水アカには、シリカスケールが含まれています。

鏡の表面は、一見ツルツルに見えますが、実際は僅かに凹凸が存在しています。この凹凸に水分が付着して蒸発すると、シリカスケール(二酸化珪素の湯あか)やミネラル等が残り、ウロコになってしまいます。

ウロコの落とし方

ウロコを取り除くためには、一般的に洗剤を用いることが多いです。ウロコの成分の中で、シリカスケールやカルシウムは酸性の洗剤に反応し、マグネシウムは逆にアルカリ性の洗剤に反応する性質を持っています。

また、ダイヤモンドパッドという研磨剤を使い、物理的に削って取り除く方法もあります。つまり、効率良くウロコを落とすためには、1つの方法だけでなく、複数の手法を組み合わせることがオススメです。

【効率良く落とす手順】

①鏡に水をかけてダイヤモンドパッドで表面を軽く擦り、ウロコ自体に細かいキズを作ります。キズを付けることによって、この後に使用する洗剤の浸透率が上がります。

②アルカリ性洗剤で皮脂汚れやマグネシウム等の成分に反応させます。
市販洗剤例:重曹(弱アルカリ性)

③水で洗剤を洗い流します。この後に酸性洗剤を使用するため、アルカリ性洗剤が残らないようにしっかり洗い流しましょう。

④酸性洗剤を使って反応させることで、ウロコを溶かして緩めます。
使用液剤例:レモン汁(クエン酸)、お酢

⑤ダイヤモンドパッドで再び鏡の表面を擦ります。②~④の工程で緩んでいるため、削り落としやすくなっています。

⑥最後に水分を拭き取って完了です。

このように、鏡のウロコは洗剤と研磨剤を組み合わせると、簡単に落とすことができます。

鏡のウロコ落としのイメージ

それでも落ちない頑固なウロコには?

基本的に上記のやり方でウロコを落とすことができますが、時間が無くて自分ではできない場合は、業者に任せてみるのも1つの方法です。マイスターコーティングではハウスコーティングだけでなく、鏡のウロコ落としサービスも提供しています。

プロ用の洗剤や機材を用いることで、頑固なウロコも徹底的に取り除きます。どうしても消えないウロコもお任せください。鏡をピカピカにして、美しく快適な生活を送りましょう。

ご相談・お問い合わせはこちら

お電話をご利用の場合

  • フリーダイヤル・携帯電話OK!
  • 0120-5109-45
  • Call:0120-5109-45
  • [受付時間]9:00~18:00

メールをご利用の場合

無料見積もり・お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら>
無料相談受付中!
電話でのお問い合わせ(受付時間 9:00~18:00)
メールでのお問い合わせ>