コーティング
お役立ちガイド

コーティングお役立ちガイド

ステンレスシンクの水アカ・石鹸カスを簡単に取り除くお手入れ方法

ステンレスシンク

キッチンのシンクには、様々な素材が使われています。代表的な素材は、ステンレス、人工大理石、人造大理石、ホーローですが、その中でも一番多く使用されているのが、ステンレスです。

ステンレスは耐久性や耐熱性、耐摩耗性に優れており、比較的汚れにも強いのが特徴です。しかし、シンクは毎日使用するので汚れが蓄積されやすく、キレイな状態を維持するには手間がかかってしまいます。そこで、誰でも簡単にできるステンレスシンクのお手入れ方法をご紹介いたします。

ステンレスシンクの汚れ

ステンレスシンクの汚れ

ステンレスシンクは、使っているうちに水アカや石鹸カスなどの汚れが付着してしまいます。水アカは、水道水や食品などに含まれるカルシウムなどのミネラル分が固まった頑固な汚れです。石鹸カスは、食器用洗剤や水道水のカルシウムやマグネシウムが混ざり合って結合した汚れです。

酢やクエン酸で水アカを除去

酢

水アカはアルカリ性なので、酸性洗剤を使って落とすことができますが、毎日使うなら安心できるものが良いですよね? そこでオススメなのが、環境に優しく身近な酢やクエン酸です。

どちらも水で薄めたものをスプレーなどで汚れに吹き付け、ペーパータオルやラップなどで覆って1~2時間放置します。その後、柔らかいスポンジなどで擦り、水で洗い流せば大半の水アカは取り除けます。

もし水アカが残っている場合は、クリームクレンザーをスポンジに付けて擦ります。ただ、研磨力の強いクレンザーを使用するとキズが付く可能性があるので、注意が必要です。

石鹸カスには重曹が効果的

重曹

石鹸カスは酸性なので、アルカリ性洗剤を使用して落とすのが一般的ですが、重曹も洗剤代わりに使うことができます。その場合は、ステンレスシンクを軽く水で濡らしてから重曹を振りかけます。アルカリ性の重曹は、石鹸カスに反応して表面から浮かせて取れやすくしてくれます。その後30分~1時間ほど放置してからスポンジで擦り、最後は水で洗い流せばキレイに取り除くことができます。

ステンレスシンクのお手入れ方法

ステンレスシンクのお手入れ方法

最初は小さな汚れでも、徐々に蓄積されることで頑固な汚れへと変わっていきます。汚れを溜めずにキレイな状態を長持ちさせるには、毎日のお手入れが大切です。

ステンレスシンクを使い終わった後は少し濡れていますが、その状態で食器用洗剤をスポンジに含ませて擦ります。水栓金具などの細かい箇所は、ブラシなどを使用して汚れを取り除きます。その後、水でキレイに洗い流し、最後はクロスなどで水分を拭き取りましょう。

ステンレスシンクのコーティング

ステンレスシンクのコーティング

どうしても落とせない汚れがある場合やキズが付いてしまった場合、新しいステンレスシンクを長持ちさせたい場合は、プロによるコーティングがオススメです。マイスターコーティングでは、設備や状態に合わせて汚れをキレイに取り除き、鏡面加工を施してコーティングすることで、美しくメンテナンスのしやすいステンレスシンクに仕上げます。

また、コーティングを施すことにより、抗菌・防カビ・防キズ・防サビ・撥水効果が見込めます。毎日キッチンを気持ち良く使うためにも、ステンレスシンクのコーティングを検討してみてはいかがでしょうか?

〉「水まわりコーティング」の詳細はこちら

ご相談・お問い合わせはこちら

お電話をご利用の場合

  • フリーダイヤル・携帯電話OK!
  • 0120-5109-45
  • Call:0120-5109-45
  • [受付時間]9:00~18:00

メールをご利用の場合

無料見積もり・お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら>
無料相談受付中!
電話でのお問い合わせ(受付時間 9:00~18:00)
メールでのお問い合わせ>