コーティング
お役立ちガイド

コーティングお役立ちガイド

浴槽にこびりついた頑固な水アカを落とす方法と注意点

浴槽にこびりついた頑固な水アカ

日々のお風呂掃除というと、一般的には浴槽をお掃除することが多いのではないでしょうか。ただ、長年使っていると、毎日のようにお掃除をしていても水アカが付いて、なかなか落ちなくなってきます。特に浴槽の縁に水アカが付いてしまうと目立ってしまい、お風呂に入るときに気になりますよね。

フラットになっている浴槽の縁に水が留まって乾くと、カルシウムやマグネシウムが残り、水アカが発生します。それが知らず知らずの内に溜まってしまうと、頑固で落とせない水アカになってしまいます。そこで、こびりついた水アカを簡単に落とす方法と注意点をご紹介いたします。

物理的に落とす方法は注意が必要

メラミンスポンジ

研磨剤が入っている洗剤や硬いスポンジを使って、水アカを物理的に落とすことは可能です。しかし、水アカを削り落とすことで、浴槽にキズを付けてしまう場合があります。浴槽にキズが付くと、今まで以上に汚れが付きやすくなってしまうので、注意が必要です。

最近、色々な箇所でお掃除に使われているメラミンスポンジも同様です。柔らかいスポンジのように思われがちですが、実は含まれている研磨剤が非常に硬いです。水アカや汚れを落としやすいのですが、表面を研磨していることになるので、使用する際は気を付けましょう。

酸性の洗剤やレモン汁、クエン酸水が効果的

酸性洗剤

キズを付けずに落とすには、酸性の洗剤を使って水アカを溶かしながら落とす方法が有効です。水アカの元になるカルシウムやマグネシウムはアルカリ性なので、酸性の洗剤を混ぜると反応して柔らかくなる特徴があります。

レモン汁、クエン酸水

そのため、酸性の洗剤を噴きかけ、数分待ってからスポンジなどでこすると、キレイに落とすことができます。酸性の洗剤が無い場合は、レモン汁やクエン酸水(クエン酸を溶かした水)を代わりに使っても効果があります。酢酸(さくさん)と呼ばれる酸性成分を含んでいるので、水アカを落としやすくする性質を持っています。

使う際はキッチンペーパーなどに含ませて、水アカが発生した部分に貼り付けましょう。後は30分ほど放置して、スポンジなどで擦り落とせばキレイに取り除けます。このとき、カビ取り剤と混ざると塩素ガスが発生するので、注意が必要です。

浴槽の水アカ・汚れ対策にはコーティングがオススメ!

浴槽をコーティングしたイメージ

頑固な水アカを落とす方法をご紹介しましたが、実際に作業するのは意外と面倒です。少しでも日々のお掃除をラクにしたいなら、水アカが付かないように予防することも大切です。

例えば、浴室のお掃除をした後には水滴が残らないように必ず乾拭きをしたり、最後にお風呂に入った人が水滴を必ず拭き取ったりすることが、非常に効果的です。

しかし、こうした予防策を継続するのは難しいという方もいるかと思います。そんな人にオススメなのが、防汚・防キズ効果に優れた「水まわりコーティング」です。美観が美しくなるだけでなく、長期間キレイな状態を保つことができるので、浴槽の水アカや汚れにお悩みの方はぜひご検討ください。

〉「水まわりコーティング」の詳細はこちら

ご相談・お問い合わせはこちら

お電話をご利用の場合

  • フリーダイヤル・携帯電話OK!
  • 0120-5109-45
  • Call:0120-5109-45
  • [受付時間]9:00~18:00

メールをご利用の場合

無料見積もり・お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら>
無料相談受付中!
電話でのお問い合わせ(受付時間 9:00~18:00)
メールでのお問い合わせ>