コーティング
お役立ちガイド

コーティングお役立ちガイド

ハウスコーティングの選び方

浴室をリフォームする前に知っておきたいコーティングのメリット

浴室をリフォームする前に知っておきたいコーティングのメリット

浴室をリフォームしたい!と考える場合、浴槽の劣化が原因という方は多いのではないでしょうか? 浴槽は、長年使うことで湯垢や石鹸カス、カビなど、様々な汚れが付着しています。そこで、浴槽のメンテナンスが簡単になるコーティングについてご紹介いたします。

化学床が優れているポイントとメンテナンス・コーティング

化学床が優れているポイントとメンテナンス・コーティング

床材と聞いて連想するのは、木製のフローリングという方が多いのではないでしょうか? しかし最近では、商業施設などで数多く使用されている化学床が、一般住宅でも使われるケースが少しずつ増えてきました。

磁器タイル・石材の性質とオススメのメンテナンス

磁器タイル・石材の性質とオススメのメンテナンス

近年、玄関の床に磁器タイルが採用されるケースが増えてきています。磁器タイルは、丈夫で耐久性に優れているので、内装・外装・床など、あらゆる場所で使えるタイルです。磁器タイル・石材を清潔な状態で保つためには、こまめに洗浄する必要があるので、その手順をご紹介いたします。

フローリングで滑るのを防ぐ滑り止め工法とフロアコーティング

フローリングで滑るのを防ぐ滑り止め工法とフロアコーティング

フローリングで滑ってしまったことはありませんか? 滑り止め加工がされていないフローリングだと、人間はもちろん犬や猫も滑ってしまい、ケガに繋がってしまう場合もあります。そこで、代表的な滑り止め加工をご紹介いたします。

光触媒による除菌・抗菌効果を左右する器材とは?

光触媒による除菌・抗菌効果を左右する器材とは?

新型コロナウイルスやインフルエンザ対策として様々な除菌剤が販売されていますが、近年注目を集めているのが「光触媒」を利用した除菌サービス。太陽や蛍光灯などの光を利用した触媒作用で除菌を行いますが、施工によって効果が大きく変わってきます。そこで、その理由と除菌サービスの詳細をご説明いたします。

抗菌・抗ウイルス効果で空間を快適にする「光触媒」とは?

抗菌・抗ウイルス効果で空間を快適にする「光触媒」とは?

最近にわかに注目されている「光触媒」をご存知でしょうか? 世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るっている中、抗菌・抗ウイルスの商品が注目を浴びていますが、「光触媒」も抗菌・抗ウイルスに役立つ技術として、数多くの公共施設や商業施設等で使用されています。そんな「光触媒」について詳しく解説いたします。

フロアコーティングの水性・油性・無溶剤の違いと液剤の安全性

フロアコーティングの水性・油性・無溶剤の違いと液剤の安全性

フロアコーティングで使用する液剤には、「水性」「油性」があり、さらに「無溶剤」という種類もあります。では、どう違うのか? それぞれの特徴と安全性についてご紹介いたします。

ウイルスのリスクを軽減させる除菌清掃とエアーコート

ウイルスのリスクを軽減させる除菌清掃とエアーコート

コロナ禍で、ウイルスに対して今まで以上に敏感になっている方は多いのではないでしょうか。そんな方に高品質な液剤を使用する除菌清掃と、防カビ・抗菌・消臭・抗ウイルス効果に優れたエアーコートをご紹介いたします。

新築物件のハウスコーティングにオススメなガラスコーティング

新築物件のハウスコーティングにオススメなガラスコーティング

新しく家を購入された方、検討中の方、家が新しいうちにコーティングを施工したいと思っているけど、そもそもどんなコーティングがいいの?とお悩みの方に、新築物件と相性の良いガラスコーティングとその理由をご説明いたします。

ガラスコーティングの基本とガラス系コーティングとの違い

ガラスコーティングの基本とガラス系コーティングとの違い

フローリングコーティングや水まわりコーティングには、ガラスコーティングという種類があります。施工会社は、様々な商品を各社の表現方法で売り出していますが、正直分からない方も多いのではないでしょうか。そこで、ガラスコーティングについて簡単にご説明いたします。

防汚効果や撥水効果が期待できる石材へのコーティング施工

防汚効果や撥水効果が期待できる石材へのコーティング施工

美観が良いので石材を導入したいけど、雨の日などは滑るのでは?と心配する方もいるのではないでしょうか。そこで、石材の特徴と滑りにくくするプロの施工をご紹介いたします。

コーティングを選ぶ際に気を付けたい3つのポイント

コーティングを選ぶ際に気を付けたい3つのポイント

コーティングには様々な種類があり、どれを選べば良いか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。せっかく高い料金を支払っても、自分の希望する仕上がりでなければ意味がありません。そこで、コーティングを選ぶ際に気を付けたいポイントをご紹介いたします。

黄砂に潜む危険性と対策にオススメなガラスコーティングの効果

黄砂に潜む危険性と対策にオススメなガラスコーティングの効果

春先になると東アジア各国で飛散する黄砂(こうさ)は、洗濯物や車などに付着して困る人も多いのではないでしょうか。黄砂は物だけでなく、人体にも影響を及ぼします。そこで、黄砂に潜む危険性や対策についてご紹介いたします。

年末は大掃除とフロアコーティングで家の中をピカピカに!

年末は大掃除とフロアコーティングで家の中をピカピカに!

暮れも迫り、年末大掃除の時期にお部屋をキレイにしていると、フローリングのキズや汚れ、輝きが気なる人も多いのではないでしょうか。実は、年末にフロアコーティングをご依頼する人は多いのですが、お住まいの状況によってご依頼の動機は当然変わってきます。

住宅の新築購入後やリフォーム後にコーティングがオススメな理由

住宅の新築購入後やリフォーム後にコーティングがオススメな理由

家の中は汚れやキズが思っているよりも付きやすく、お手入れしようとしても市販の洗剤には様々な種類があるので、何を使用していいか分からない場合があります。特に浴室などの水まわりは、水アカやカルキといった頑固な汚れに困る方が多い箇所です。そのような箇所にオススメなのが、コーティングです。

ワックスフリーのフローリングはワックス不要? EB処理とは?

ワックスフリーのフローリングはワックス不要? EB処理とは?

フローリングに使用される床材には様々な種類がありますが、中には「ワックスフリー」の床材もあります。ワックス掛けをしなくてもよい床材のことですが、なぜワックスが不要なのか? メリットや特徴などについてご紹介いたします。

フロアコーティングの硬度って何? 硬い方が優れてる?

フロアコーティングの硬度って何? 硬い方が優れてる?

フロアコーティングには防汚・防滑効果や高い耐久性・耐水性に加え、施工することで塗膜が形成され、床材を保護する効果があります。フロアコーティングの硬度によってキズの付きにくさは変わってきますが、一概に硬度が高い(硬い)方が良いというわけではありません。

耐久性・耐水性・耐薬品性に優れた油性コーティングの特徴と種類

耐久性・耐水性・耐薬品性に優れた油性コーティングの特徴と種類

フロアコーティングには様々な種類がありますが、特に油性コーティングは性質を考慮せず、耐久性や効果だけで安易に決めてしまうと、有害物質が多く含まれている場合もあります。そのようなフロアコーティングを選ばないために、主な油性コーティングの特徴をご紹介いたします。

床が滑りにくくなるフロアコーティングの防滑効果

床が滑りにくくなるフロアコーティングの防滑効果

日々の暮らしの中で、床の滑りやすさが気になる方も多いのではないでしょうか? フロアコーティングを施工することで防滑性能が向上し、転倒のリスクは格段に減ります。

フロアコーティングで失敗しないために知っておきたい種類と効果

フロアコーティングで失敗しないために知っておきたい種類と効果

フロアコーティングには用途・目的に応じて様々な種類があります。どんな種類があり、どのように効果が違うのかを知っておくとフロアコーティングを選ぶ際、非常に役立ちます。それぞれの特徴を理解して、ご自身の家にピッタリのフロアコーティングを選びましょう。

和室の白木(柱・鴨居・長押)にオススメのお掃除とコーティング

和室の白木(柱・鴨居・長押)にオススメのお掃除とコーティング

和室の中の柱や鴨居、長押(なげし)などは、白木と呼ばれる表面が塗装されていない無塗装の木材が多く使われています。そのため汚れやすく、一度黒ずんでしまうと、なかなか取り除くことができません。そこで、白木を使った箇所をお掃除する際のコツやコーティングをご紹介いたします。

エントランスコーティングと大理石研磨で入り口をピカピカに!

エントランスコーティングと大理石研磨で入り口をピカピカに!

お住まいの顔であるエントランス(玄関)は、家族やお客様が家に入る際、必ず通る大切な場所です。でも、汚れだけでなく実はキズが付きやすい場所でもあります。そこで、エントランスのキズ・汚れ防止と美観向上に役立つ2つのサービスをご紹介いたします。

水まわりで使われる耐水性に優れた床材

水まわりで使われる耐水性に優れた床材

一般的な住宅では、以前からリビングなどの床材にフローリングが使用されていますが、水に弱いという弱点があります。一方、洗面脱衣所やトイレなど、水まわりで多く使われる床材には、耐水性に優れている材質が使用されています。その中でも代表的なのが、クッションフロアやPタイル(プラスチックタイル)です。

消臭・防カビ・抗菌効果が長期間持続する無光触媒コーティング

消臭・防カビ・抗菌効果が長期間持続する無光触媒コーティング

近年、多くの人が以前と比べて汚れやニオイなどに対して敏感になっており、防汚性・抗菌性・消臭性の効果がある商品を好む傾向があります。そのため、これらの効果がある様々なコーティング剤が研究開発されてきました。

美しく維持するために押さえておきたいフローリングの仕組み

美しく維持するために押さえておきたいフローリングの仕組み

フローリング表面の層は0.3~0.5ミリ程度の木材や特殊加工されたプリントシートなど、薄い素材で作られています。そこで、フローリングの美観を維持するには、ワックスなどの保護剤によるメンテナンスや日々のお手入れが大事になってきます。

意外と知らない? フローリングについて知っておきたい基本情報

意外と知らない? フローリングについて知っておきたい基本情報

フローリングはマンションやアパート、一戸建て、一部の商業施設などで使用されている非常にポピュラーな床材ですが、詳細をご存知ない方も多いのではないでしょうか。今回は、フローリングのルーツや種類、メンテナンスなどについてご紹介いたします。

本当にワックス不要? ワックスレスフローリングの落とし穴

本当にワックス不要? ワックスレスフローリングの落とし穴

住宅のご購入や引越しを検討する際、新居のメンテナンスを気にされている方は多いかと思われます。特にフローリングは住宅内での面積が広いため、キズや汚れなどがあると非常に目立ってしまいます。

手軽なリフォームとして選ばれるフローリングの上張り

手軽なリフォームとして選ばれるフローリングの上張り

解体不要な手軽なリフォームとして、上張りが選ばれることがあります。マイスターコーティングでは、「Rフロア」という上張りサービスを開発しましたので、そのメリットをご紹介いたします。

「撥水性」と「親水性」で選ぶ水まわりコーティング

「撥水性」と「親水性」で選ぶ水まわりコーティング

コーティング効果について調べていると、「撥水性」と「親水性」という言葉が頻繁に出てきます。簡単に説明すると、水をはじいて水玉ができる性質が「撥水性」、逆に水と素材表面の親和性が高いため、水玉状にはならずに水がベタッと広がる性質が「親水性」です。

浴室やキッチン、洗面台などを再生・保護する2種類の水まわりコーティング

浴室やキッチン、洗面台などを再生・保護する2種類の水まわりコーティング

日々のお手入れが簡単になる水まわりコーティング(特に浴室コーティング)は、大きく分類すると2種類に分けられます。浴室やキッチン、洗面台などを再生・保護する2種類の水まわりコーティングをご紹介いたします。

木材本来の質感を味わえる無垢フローリングの魅力

木材本来の質感を味わえる無垢フローリングの魅力

フローリング材には、突き板や最近増えているシートなど様々ありますが、無垢材は自然な風合いで肌触りや歩き心地が良く、温かさもあるので人気が高い素材です。味わい深い雰囲気を楽しめる無垢フローリングのメリットやデメリット、お手入れ方法などをご紹介いたします。

カビ対策に絶大な効果があるコーティングとは?

カビ対策に絶大な効果があるコーティングとは?

普段の生活で発生してしまうカビや汚れは、放置していると増殖して病気の原因など危険なことになる可能性があります。カビや汚れは、見つけた時点で除去するようにしましょう。

強いフロアコーティングの素材を選べない理由

強いフロアコーティングの素材を選べない理由

フロアコーティングは多種多様な商品が販売されており、選ぶのが難しいと感じる人も多いのではないでしょうか? フロアコーティングに使用される液剤の素材について多くのご質問をいただきますので、代表的な素材の特徴を説明いたします。

壁や天井のクロスを汚れ・ホコリから保護するクロスコーティング

壁や天井のクロスを汚れ・ホコリから保護するクロスコーティング

フロアコーティングや水まわりコーティングは、ハウスコーティングの中でもよく知られているコーティングです。でも、それ以外にも家のあらゆる箇所でコーティングは施工できます。今回は、数あるコーティングの中からクロスコーティングをご紹介いたします。

失敗しないために知っておきたい水まわりコーティングの種類と効果

失敗しないために知っておきたい水まわりコーティングの種類と効果

水まわりコーティングには複数の種類があり、特徴も異なります。それぞれの特徴を把握した上で、浴室やキッチン、トイレなど水まわりのコーティング選びにお役立てください。

ノンワックスフローリングにもフロアコーティングが必要な理由

ノンワックスフローリングにもフロアコーティングが必要な理由

「ノンワックスフローリングにコーティングは塗れますか?」「EB加工されているフローリングにコーティングを塗る意味はありますか?」というご質問をよく受けますが、答えはどちらも「YES」です。

水まわりを甦らせるリニューアルコーティング

水まわりを甦らせるリニューアルコーティング

新築のときはピカピカだったお風呂も、3年・5年・10年と長年使っているうちに白いカルキ汚れや、しつこい水アカなどで汚れが目立ってきますよね。そんなお困りごとは、マイスターコーティングが自信を持ってご提案するリニューアルコーティングにお任せください!

古くなったフローリングを甦らせる張替え・補修方法

古くなったフローリングを甦らせる張替え・補修方法

一般的にフロアコーティングを行う一番の目的は、フローリングが傷む前の保護です(フロアシールドUVは、表面を甦らせる目的で採用されているケースも多いです)。では古くなって傷んでしまったフローリングは、どのように対処するのが良いのでしょうか?

暑さ対策に役立つ省エネ窓ガラスコーティング

暑さ対策に役立つ省エネ窓ガラスコーティング

部屋の中にいても有害な紫外線(UV)や部屋の温度上昇に繋がる赤外線は、窓を通して入ってきます。夏場には特に防ぎたい紫外線・赤外線ですが、実は窓ガラスのコーティングで抑えることができます。

ガラス・サッシの種類・効果と窓ガラスコーティング

ガラス・サッシの種類・効果と窓ガラスコーティング

ガラス・サッシには様々な種類があり、メーカーや商品によってそれぞれ効果・機能も違います。また、ガラスに施工を行うことで、遮熱効果などを得ることもできます。どんな効果を求めているか、取り付け・施工の可否などにより、選ぶ種類も変わってきます。

選ぶのに役立つ床材の種類とメリット・デメリット

選ぶのに役立つ床材の種類とメリット・デメリット

床材の種類は数多く、材質などによって特徴は大きく異なってきます。新築物件を購入するときやリフォームする際、床材の特徴を知っておくと選定が容易になります。床材は一度張ると張り替えるのが面倒ですので、選ぶのに役立つ種類とメリット・デメリットをご紹介いたします。

フローリングで使われる3つの床材の長所・短所

フローリングで使われる3つの床材の長所・短所

一般的にフローリングと呼ばれているものは、大きく分けて3種類あります。種類ごとに特徴がありますので、それぞれの長所・短所をご紹介いたします。

玄関やエントランスなどで使われる床材の特徴とメンテナンス

玄関やエントランスなどで使われる床材の特徴とメンテナンス

お家の顔とも言える玄関、エントランスなどに使われている床材には、様々な種類があります。その中で一般的な床材をご紹介いたします。

浴室やキッチンがピカピカに! 新品の輝きをもたらす水まわりコーティング

浴室やキッチンがピカピカに! 新品の輝きをもたらす水まわりコーティング

マイスターコーティングでは現在、水まわりに対応するコーティングメニューを3種類展開しています。水まわりとは、浴室やキッチン、洗面所やトイレといった水道を使用している箇所のことです。

水まわりで使われている様々な素材とその特性

水まわりで使われている様々な素材とその特性

お風呂やキッチンの床やシンクは、色々な素材を組み合わせて作られています。そのため、マイスターコーティングが施工を行う場合は、素材に合わせた施工方法を取っています。今回は、その中でも代表的な素材をまとめてみました。

フロアコーティングに役立つフローリングの種類と特徴

フロアコーティングに役立つフローリングの種類と特徴

日頃、私たちが何気なく生活しているフローリングには、様々な種類があります。今回はフローリングの種類と特徴についてご紹介いたします。

新築・中古問わずに利用されるフローリングコーティング

新築・中古問わずに利用されるフローリングコーティング

マイスターコーティングのフローリングコーティングが、どのような状況・要望があったときに利用されているかをご紹介いたします。

フロアコーティングと一般的なワックスの違い

フロアコーティングと一般的なワックスの違い

「フロアコーティングとワックスは、どう違うの?」という質問をよくいただきます。一見仕上がり(見た目)は同じように見えますが、実は耐久性が違うのです! その大きな理由は、主成分にあります。

タイプ別にオススメのコーティングをご紹介!

タイプ別にオススメのコーティングをご紹介!

コーティングのメニューが多くてどれにすればいいか分からない! そんなお客様にタイプ別のオススメメニューをご紹介いたします。

ワックスとフローリングコーティングの基本

ワックスとフローリングコーティングの基本

ワックスもコーティングもフローリングに被膜を作ることは共通しています。しかし、ワックスの主な目的は簡易保護や艶出しとなりますので、水などがこぼれた際や傷には弱いということがあります。

ご相談・お問い合わせはこちら

お電話をご利用の場合

  • フリーダイヤル・携帯電話OK!
  • 0120-5109-45
  • Call:0120-5109-45
  • [受付時間]9:00~18:00

メールをご利用の場合

無料見積もり・お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら>
無料相談受付中!
電話でのお問い合わせ(受付時間 9:00~18:00)
メールでのお問い合わせ>