コーティング
お役立ちガイド

コーティングお役立ちガイド

光触媒による除菌・抗菌効果を左右する器材とは?

新型コロナウイルスやインフルエンザ対策として様々な除菌剤が販売されていますが、近年注目を集めているのが「光触媒」を利用した除菌サービス。太陽や蛍光灯などの光を利用した触媒作用で除菌を行いますが、施工によって効果が大きく変わってきます。そこで、その理由と除菌サービスの詳細をご説明いたします。

液剤を噴霧する器材で効果が変わる理由

除菌サービス用の液剤には数多くの種類が存在して多少の違いはありますが、実は液剤の効果に極端な差はありません。では、サービスの質は何によって変わるのか? その1つは、液剤を噴霧する器材です。

スプレーヤー

一般的に、ご家庭で液剤を噴霧する場合はスプレーヤーを使いますが、市販のスプレーヤーによる噴霧では大きな効果が期待できません。それはなぜか? 噴霧された液剤の「粒が大きいから」です。

除菌効果の決め手は液剤の細かさ

そもそも除菌剤は、液剤が空気中で気化する際に除菌(消毒)効果が発揮されます。これは、飲食店などでアルコールを手にかけて消毒するのと同様で、濡れた手にアルコールを吹きかけても意味がありません。

液剤を噴霧するイメージ

市販のスプレーヤーを使って噴霧すると、液剤の大きさは約400ミクロン(0.4mm)になります。殺虫剤やコールドスプレーなどのエアゾールでも約20ミクロンです。

※1000ミクロン=1mm

液剤を噴霧するイメージ

しかし、マイスターコーティングが使用している業務用の噴霧器を使うと、液剤の大きさは約5~10ミクロン。市販のスプレーヤーと比べて液剤が約40分の1にまで小さくなります。一つひとつの粒が非常に細かいので、液体が気化しやすくなり、除菌効果も高くなります。除菌サービスをご検討の方は、使用する器材を確認してみることをオススメします。

除菌・抗菌に対応した「光触媒抗菌コーティング」

マイスターコーティングの「光触媒抗菌コーティング」は、太陽光だけでなく室内光とアパタイトの力で24時間ウイルスや菌を不活化するサービスです。アパタイトが菌や有機化合物を吸着し、二酸化チタンが分解・除去することで、増殖・感染力を抑制。さらに、消臭効果も発揮します。

※全ての菌を除去・抑制することを保証するものではありません。

吸着・分解・除去のイメージ

除菌剤を噴霧するだけではなく、事前の除菌清掃や施工後の除菌清掃指導により、効果をさらに高めています。オフィス・店舗や各種施設に加えて住宅など、様々箇所の除菌・抗菌に対応していますので、清潔な空間をお求めの方はぜひご検討ください。

性能を評価する試験を実施しております

ご相談・お問い合わせはこちら

お電話をご利用の場合

  • フリーダイヤル・携帯電話OK!
  • 0120-5109-45
  • Call:0120-5109-45
  • [受付時間]9:00~18:00

メールをご利用の場合

無料見積もり・お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら>
無料相談受付中!
電話でのお問い合わせ(受付時間 9:00~18:00)
メールでのお問い合わせ>