コーティング
お役立ちガイド

コーティングお役立ちガイド

化学床が優れているポイントとメンテナンス・コーティング

豊富なバリエーションが魅力の化学床

化学床

床材と聞いて連想するのは、木製のフローリングという方が多いのではないでしょうか? しかし最近では、商業施設などで数多く使用されている化学床が、一般住宅でも使われるケースが少しずつ増えてきました。

化学床というと馴染みが無いかもしれませんが、長尺シートやPタイル等の樹脂系床材のことを指します。クッションフロア(ビニール製のシート状床材)は幅広い場所で使われており、一般住宅だと水まわりの床で使用されることが多いです。

化学床は、カラーバリエーションが豊富なことに加えてデザイン性の高いものあります。また、一般的に安価な物が多いので、注文住宅やリノベーションなどで新しく居住空間を考えるときに採用しやすい床材です。ネット通販でも購入できますので、気軽にプチリフォームすることもできます。

一部の化学床はメンテナンスに注意

ワックスがけ

ただ、フローリングやシートフローリングと異なり、使用している材質のバリエーションが多岐にわたっていますので、扱い方には注意が必要です。メンテナンスする際には、材質を確認してから行いましょう。見た目(美観)の維持は大切ですので、使用するワックスはしっかりと選ぶようにしてください。

化学床の中でも「ラミネートホモジニアスビニル床タイル」にワックスをかける際は、密着力の強いタイプがオススメです。また、クッションフロアはワックスをかけ続けると、弾力に追従できなくなりワックスが割れてしまうので、気を付ける必要があります。

化学床の扱いはプロにお任せ!

ワックスがけ

化学床は、木製のフローリングと比べて表面の対摩耗性が比較的高い物が多いです。また、木質系の床材と比べ、メンテナンスしやすい特徴もあります。商業施設などの広い場所は、ポリッシャーなどの器材を使用して作業する場合がありますので、ぜひマイスターコーティングにお任せください。一般住宅にも対応していますので、化学床のメンテナンス・コーティングを行いたい方は、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちら

お電話をご利用の場合

  • フリーダイヤル・携帯電話OK!
  • 0120-5109-45
  • Call:0120-5109-45
  • [受付時間]9:00~18:00

メールをご利用の場合

無料見積もり・お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら>
無料相談受付中!
電話でのお問い合わせ(受付時間 9:00~18:00)
メールでのお問い合わせ>